京の豆っこ肥料

about
京の豆っこ肥料とは

与謝野町の農業の特徴は、自然循環農業と名付けた独自の「土づくり」にあります。この土づくりの元となるのが「京の豆っこ肥料」です。京の豆っこ肥料は、人間の健康にもよいとされる天然素材を原料として作る、与謝野町オリジナルの100%有機質肥料です。緩効性肥料で、農作物に必要な養分が緩やかに吸収されます。この肥料は全国でも類を見ない「行政が有機質肥料を生産し、農家が購買する」という町全体の取り組みとして行っています。

豆っこ肥料
誕生の背景

与謝野町には畜産業がなかったため、農家は堆肥を使った土づくりが難しい状況でした。そんな中「大地の恵みは大地に還す」をモットーに、豆腐工場から出される“おから”を肥料に変えて大地に還そうというプロジェクトが発足。農作物が加工される際に出る副産物(おからや米ぬか)に、ミネラル豊富なイワシなどの魚のあらを加え、100%有機質「京のまめっこ肥料」が誕生しました。

原料は
すべて天然素材

京の豆っこ肥料は大豆からできるおから、ミネラル豊富なイワシなどの魚介のあら、有効成分の高い米ぬかといった天然素材を与謝野町にある製造工場で肥料化したものです。肥料そのものが「人間の身体にいいもの」だけで作られていることが1つの特徴です。京の豆っこ肥料は、熟練の職員が毎日変化する温度、湿度、素材の状態を見極め、微調整を重ねながら製造しています。

豆っこ肥料を
使うメリット

有機物が餌となり、土壌微生物が活性化し、肥料そのものにも微生物が棲んでいるため、微生物増加にもつながります。このことで団粒化が促進され、ふかふかの土になります。土がよくなることにより、水持ち、水はけ、肥料もちが改善されます。作物の根もストレスなく伸びることができ、健康な作物を育てることができます。また、魚のアラは食物の味をよくするとも言われています。

YOSANO Agricycle
与謝野町農業ポータルサイト「YOSANO Agricycle」

与謝野町では、与謝野の農業を広く発信するため「与謝野町農業ポータルサイト」を開設しています。このウェブサイトでは与謝野町が独自で推進する自然循環農業をはじめ、与謝野町で営まれている様々な農業の取組みを紹介しています。ぜひご覧ください。

与謝野町農業ポータルサイト
与謝野町農業ポータルサイト「YOSANO Agricycle」