みえるまち

about YOSANO BRANDING
与謝野ブランド戦略とは

与謝野町には、自然環境、一次産業、二次産業、三次産業、すべてにおいて一貫して市場に「信頼」を提供できる環境があります。その強みを生かし持続可能なまちづくりを進めるため、新しい視点での産業振興政策として、2015年から「与謝野ブランド戦略」を掲げ、「みえるまち」をコンセプトに産業施策を横断的に展開しています。

brand concept
みえるまち

与謝野町の地域資源(人・自然・文化・産業)には「安心安全」「個性」「もてなし」という3つの価値があると位置づけ、それらを「みえる化」させながら、町民によるしごと創出・雇用創出を図る仕組みづくりと、持続可能な循環型社会の構築を進めるため、与謝野ブランド戦略のコンセプトを「みえるまち」と定義づけました。取り組みにあたっては、「個性」豊かな町民が「安心安全」な商品・サービスを創造し「もてなし」というかたちで提供することを展開のポイントとし、「しごとを創る人財育成」「農商工連携の強化」「観光産業の育成」「持続可能な環境構築」を施策方針に、町民による様々な挑戦を支援しています。

展開イメージ

与謝野町の産業を育んでいるのは、大江山連峰、野田川、阿蘇海へとつながる自然環境です。安心安全で豊かな資源に恵まれたこの町だからこそ、地域資源を活かして、しごとを創出する人財の育成に力を入れながら自発的に事業に挑戦できる環境を整えるとともに、基幹産業の農業、織物業を中心に、地域内で事業者が連携し新たなしごとが創出される環境を整えることで、持続可能な循環型社会をつくりあげ、次の世代にまちをつないでいきます。