NEWS

公共施設オープンリノベーションマッチングコンペティション受賞(阿蘇ベイエリアプロジェクト)

企画提案内容

阿蘇ベイエリアプロジェクトに新展開!

総務省では、クリエーターや建築家などのアイディアを活用して、公共施設のリノベーションを行い、住民や民間事業者に開放された新しい公共空間に生まれ変わらせる「公共施設オープン・リノベーション」を推進しています。

その一環として募集が行われていた「公共施設オープンリノベーションマッチングコンペティション」に、与謝野町においては、「住民の創造性がよりダイナミックに交差する公共空間を生み出したい」(山添藤真町長)との想いから、阿蘇ベイエリア内に位置する「岩滝母と子どものセンター」をリノベーション物件として選定し申請していました。

2016年7月5日に同コンペティションの審査発表会があり、全国の数ある自治体提案の中から、与謝野町の提案が見事採択されました。

提案内容は「yosano kitchen labo(ヨサノキッチンラボ)」。オープンキッチンやコワーキングスペースを兼ね備えた施設にリノベーションし、「食」をテーマに、地域の「食」に関わる資源を使った商品やサービスの企画など、地域住民の小さな商いへのスタートアップ支援やクリエーターとの交流を図れる拠点を提供するものです。

本事業は、与謝野ブランド戦略事業の一環として進める「阿蘇ベイエリアプロジェクト」に位置付け推進していきます。今後の展開にご注目ください。