NEWS

織物産地とつながる特設サイト「ひらく織」開設(YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT)

与謝野町では、与謝野ブランド戦略事業の一環として、テキスタイル産地としての認知拡大と新たなしごと創出(新商品・新サービス開発)を目的に、次世代の担い手である若手織物事業者(20~30代)を対象に「YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT」を実施しています。
今後、本プロジェクトは産地交流を軸に進めていくにあたり、交流を推進する媒体として制作を進めてきた特設サイト特設サイト「ひらく織」(http://yosano-branding.jp/opentextile/)を公開しました。

■事業概要

  • 平成27年度は、5名の若手織物事業者と3組のクリエイターチームがワークショップを通じて「織り」の可能性を実験・探求しました。https://mtrl.net/projects/yosano/
  • 平成28年度は、前年度見出した可能性をふまえ、プロジェクトの主体である若手織物事業者がワークショップを通じて、プロジェクトのコンセプトづくりを行いました。
  • 生み出したコンセプトは「ひらく織 -産地交流から始める日本の織物産業の強化-」。産地の技術や課題を「開き」、織物の可能性を「拓く」という思いが込められています。
  • プロジェクトのコンセプトや若手織物事業者の思いを紹介するとともに、他産地との交流を進める媒体として、WEBサイトの制作を行いました。

■今後の展開

  • 若手織物事業者が、全国の織物産地を訪ね、また他産地からの訪問を受け入れ、同世代の事業者等との交流を行い、次のことを探求していきます。探求した内容は、レポートとしてWEBサイトに掲載していきます。

探求したいこと